凝固系/抗凝固療法部会

部会長: 川杉和夫
副部会長: 一瀬白帝 小川孔幸
部会員: 朝倉英策 家子正裕 上塚芳郎 岡田 靖 古賀 震 関 義信
橋口照人 藤田 悟 保田知生 山田典一 和田英夫

詳細情報

  • 平成28年度活動報告

    凝固系/抗凝固療法部会
    部会長:川杉和夫
    副部会長:小川孔幸、関義信
    部会員:朝倉英策、家子正裕、一瀬白帝、上塚芳郎、岡田靖、古賀震
    橋口照人、藤田悟、保田知生、和田英夫

    1. 平成28度の活動報告

    1)凝固系/抗凝固療法部会開催(2016年6月17日18時—18時40分)
    出席者:朝倉英策、小川孔幸、上塚芳郎、川杉和夫、橋口照人、保田知生、
    和田英夫(敬称略)
    以下の事柄が確認された。

    a)2017年SSCシンポジウムの発表
    NOAC関連(VTE関連、中和薬)の発表、高齢者の抗凝固療法に関する発表、後天性凝固因子インヒビターに関する発表

    b)厚労省指定難病自己免疫性出血病XIIIの診療ガイドラインの作成等に関して、凝固系/抗凝固療法部会で積極的にサポートを行ってゆく

     
    2)2017年1月21日のSSCシンポジウム
    和田英夫(三重大学大学院医学系研究科臨床検査医学)
    川杉和夫(帝京大学医学部内科学講座)
    I-1、整形外科領域のVTE予防の現状
       藤田悟(宝塚第一病院整形外科)
    I-2、VTEの現場からー診断と治療の実際—
       保田知生(公益財団法人がん研究会有明病院 医療安全管理部・消化器外科)
    I-3、高齢者と抗凝固療法の注意点—ワルファリン、DOAC—
       上塚芳郎(東京女子医大 循環器内科)
    II-1、DOACsの中和薬と諸問題
       川杉和夫(帝京大学医学部内科学講座)
    II-2、後天性凝固因子インヒビター〜第VIII、第V因子を中心に〜
       門平靖子、寺上貴子、朝倉英策(金沢大学付属病院血液内科、検査部)

    2. 平成29年度の活動計画

    1)2018年SSCシンポジウムに凝固系/抗凝固療法部会は参加予定である。
    2)血液悪性腫瘍や固形癌の抗凝固療法に関してアンケート調査を予定。

  • 平成27年度活動報告

    活動内容
    1)凝固系・抗凝固療法部会開催(2015年5月22日11時30 分—12時30 分)
    出席者:朝倉英策、家子正裕、一瀬白帝、小川孔幸、川杉和夫、橋口照人、上塚芳郎、安田知生、山田典一、和田秀夫(敬称略)
    以下の事項が確認・合意された。

    a)2016年SSCシンポジウムでの発表概要
    NOAC関連の発表、ヘパリンの自己注射、高齢者の抗凝固療法、厚労省指定難病
    288自己免疫性出血病XIII/13の診断基準

    b)厚労省指定難病288自己免疫性出血病XIII/13の診断基準のブラッシュアップ等について凝固系・抗凝固療法部会で積極的にサポートを行う

     
    2)2016年2月20日のSSCシンポジウム
    I、凝固に関連した最近の話題
    座長:和田英夫(三重大学大学院医学研究科 臨床検査医学)
    I-1、NOACに対する中和薬の開発
    川杉和夫(帝京大学医学部内科学講座)
    I-2、厚労省指定難病288自己免疫性出血病XIII/13の診断基準
    一瀬白帝(山形大学医学部分子病態学講座、厚労省研究班、日本血栓止血学会診断基準作成委員会)
     
    II、抗凝固療法の実際
    座長:一瀬白帝(山形大学医学部分子病態学講座)
       山田典一(三重大学大学院循環器・腎臓内科学)
    II-1、高齢者における抗凝固療法—その必要性と難しさについてー
    家子正裕(北海道医療大学歯学部内科学分野)、内藤澄悦(北海道医療大学病院臨床検査部)、吉田美香(北海道医療大学病院臨床検査部)、高橋伸彦(北海道医療大学歯学部内科学分野)
    II-2、ワルファリンを見直す
    上塚芳郎(東京女子医科大学循環器内科)
    II-3、VTEに対するNOACの使い方
    山田典一(三重大学大学院循環器・腎臓内科学)

  • 平成26年度活動報告
    部会長: 和田英夫
    副部会長: 一瀬白帝 川杉和夫
    部会員: 山田典一、上塚芳郎、岡田 靖、藤田 悟、保田知生、朝倉英策、家子正裕、小川孔幸、北島 勲、橋口照人、惣宇利正善

    活動内容
    1)凝固・凝固療法部会開催(2014年5月31日11:30-12:30)
    出席者:朝倉英策、一瀬白帝、内山俊正、川杉和夫、小川孔幸、北島勲、惣宇利正善、

    橋口照人、藤田悟、山田典一、和田英夫(敬称略)

    以下の事項が確認・合意された。

    a) 厚生省班会議で作成された後天性血友病13のガイドラインをブラッシュアップし、血栓止血学会との共同事業としてpublishする。(一瀬先生の発案により、後天性血友病の診断基準の作成を最初におこなうこととなった。)

    b) SSCシンポジウムで、抗凝固療法に関する質の高い発表を行う。

    c) 希少疾患である、FVIII、FIX、VWF以外の凝固系因子異常に対する検討を行う。

     

    2) 後天性血友病の診断基準の作成委員会の立ち上げ

    委員長:一瀬白帝、委員:和田英夫、惣宇利正善、橋口照人、矢冨 裕、小川孔幸、北島 勲、朝倉英策、岡本好司、家子正裕、山本晃土、江口 豊(敬称略)

    以下の2回委員会を開催

    2014年11月1日 大阪国際会議場

    2015年2月28日 野村カンファレンスプラザ日本橋

    その他、メールで熱心な議論を行っている。

     

    3)2014年SSCシンポ発表
    凝固系/ 抗凝固療法部会・凝固線溶検査部会(共同開催)

    テーマ「最適な抗凝固療法/モニター法と希少出血性疾患

    座長:北島 勲(富山大学大学院医学薬学研究部 臨床分子病態検査学講座)

    和田英夫(三重大学大学院医学系研究科 臨床検査医学)

    1. 抗凝固療法

    1-1. 虚血性脳卒中急性期および再発予防ための抗凝固療法

    Anticoagulation for acute ischemic stroke and reduction of recurrent stroke

    岡田 靖,矢坂正弘,阪田敏行*,中村麻子,三間洋平,桑城貴弘,湧川佳幸、(国立病院機構九州医療センター臨床研究センター 脳血管・神経内科,アイ・エル・ジャパン株式会社)

    1-2. 急性肺血栓塞栓症に対する抗凝固療法の変遷と展望

    山田典一(三重大学大学院 循環器・腎臓内科学)

    1-3. エドキサバンの今までの足跡

    藤田 悟,金平盛子(宝塚第一病院 整形外科)

    2. 凝固系モニター

    2-1. 経口トロンビン阻害薬,Xa 阻害薬のモニタリング

    松野一彦,宇佐美貴之,畑瀬正尚,清水 力,佐久間一郎(北海道大学病院 検査・輸血部,北光記念クリニック)

    2-2. Dabigatran,Rivaroxaban,Apixaban の血中濃度とPT,APTT に及ぼす影響

    川杉和夫(帝京大学医学部 内科学講座)

    3. FXIII

    「自己免疫性出血病XIII/13 の治療について」

    一瀬白帝(山形大学医学部分子病態学講座,厚労科研難治性疾患「出血性後天性凝固異常症」研究班)

     

    業績

    1) Fukushima N, Itamura H, Wada H, Ikejiri M, Igarashi Y, Masaki H, Sano M, Komiyama Y, Ichinohe T, Kimura S: A Novel Frameshift Mutation in Exon 4 Causing a Deficiency of High-molecular-weight Kininogen in a Patient with Splenic Infarction. Intern Med. 2014;53(3):253-7.
    2) Yamashita Y, Naitoh K, Wada H, Ikejiri M, Mastumoto T, Ohishi K, Hosaka Y, Nishikawa M, Katayama N: Elevated plasma levels of soluble platelet glycoprotein VI (GPVI) in patients with thrombotic microangiopathy. Thromb Res. 2014: 133(3): 440-444
    3) Yamashita Y, Wada H, Nomura H, Mizuno T, Saito K, Yamada N, Asanuma K, Usui M, Kamimoto Y, Matsumoto T, Ohishi K, Katayama N: Elevated Fibrin-related Markers in Patients with Malignant Diseases Frequently Associated with Disseminated Intravascular Coagulation and Venous Thromboembolism. Intern Med 2014; 53: 413-419
    4) Shindo A, Wada H, Ishikawa H, Ito A, Asahi M, Ii Y, Ikejiri M, Tomimoto H: Clinical features and underlying causes of cerebral venous thrombosis in Japanese patients. Int J Hematol. 2014; 99(4):437-40
    5) Nobuoka Y, Wada H, Mizuno S, Kishiwada M, Usui M, Sakurai H, Tabata M, Kobayashi T, Nobori T, Uemoto S, Isaji S: Prolonged thrombocytopenia after living donor liver transplantation is a strong prognostic predictor irrespective of splenectomy: the significance of ADAMTS13 and graft function. Int J Hematol. 2014; 99(4):418-28
    6) Sasaki T, Matsumoto T, Wada H, Ohishi K, Kanda H, Yamada Y, Arima K, Katayama N, Sugimura Y.: Successful treatment of non-invasive bladder tumour in a haemophilia A patient with high-responding inhibitors: a case report. Haemophilia. 2014; 0(6): 399-401
    7) Matsumoto T, Fan X, Ishikawa E, Ito M, Amano K, Toyoda H, Komada Y, Ohishi K, Katayama N, Yoshida Y, Matsumoto M, Fujimura Y, Ikejiri M, Wada H, Miyata T: Analysis of patients with atypical hemolytic uremic syndrome treated at the Mie University Hospital: concentration of C3 p.I1157T mutation. Int J Hematol. 2014; 100: 437-442
    8) Iba T, Saitoh D, Wada H, Asakura H: Efficacy and bleeding risk of antithrombin supplementation in septic disseminated intravascular coagulation: a secondary survey. Crit Care. 2014; 18: 497
    9) Aota T, Naitoh K, Wada H, Yamashita Y, Miyamoto N, Hasegawa M, Wakabayashi H, Yoshida K, Asanuma K, Matsumoto T, Ohishi K, Shimokariya Y, Yamada N, Nishikawa M, Katayama N, Uchida A, Sudo A: Elevated soluble platelet glycoprotein VI is a useful marker for DVT in postoperative patients treated with edoxaban. Int J Hematol. 2014; 100: 450-456
    10) Wada H, Matsumoto T, Yamashita Y:Diagnosis and treatment of disseminated intravascular coagulation (DIC) according to four DIC guidelines. Journal of Intensive Care 2014; 2: 15
    11) Wada H, Matsumoto T, Yamashita Y, Hatada T: Disseminated Intravascular Coagulation: Testing and Diagnosis. Clin Chim Acta. 2014; 436C:130-134
    12) Wada H, Matsumoto T, Yamashita Y, Hatada T: Is early treatment of DIC beneficial in septic patients?, Crit Care, 2014 18:447 
    13) Wada H, Okamoto K, Iba T, Kushimoto S, Kawasugi K, Gando S, Madoiwa S, Uchiyama T, Mayumi T, Seki Y, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee: Addition of recommendations for the use of recombinant human thrombomodulin to the “Expert consensus for the treatment of disseminated intravascular coagulation in Japan”. Thromb Res, 2014; 134: 924-925
    14) Wada H, Matsumoto T, Yamashita Y:Natural History of Thrombotic Thrombocytopenic Purpura and Hemolytic Uremic Syndrome. Semin Thromb Hemost. 2014. [Epub ahead of print]
    15) Aota T, Matsumoto T, Suzuki K, Imai H, Katayama N, Wada H,: Severe AT deficiency in infectious DIC increases DIC-associated death. J Thromb Haemost
  • 平成25年度活動報告、平成26年度活動計画
    部会長: 和田英夫
    副部会長: 一瀬白帝 川杉和夫
    部会員: 朝倉英策 家子正裕 上塚芳郎 岡田靖 小川孔幸 北島 勳
    惣宇利正善 橋口照人 藤田 悟 保田知生 山下武志 山田典一

    発足時の状況

    a)抗凝固療法
    ・種々の薬剤の抗Xa活性を3つ以上の系で測定できる。
    ・SF、D-dimer、FDP、sGPVIなどのモニターができる。
    ・循環器疾患、脳血管疾患、述語の抗血栓療法・予防などを検討している。
    b)血友病やフォンウイルブランド病以外の出血性素因
    ・後天性血友病などのガイドライン作成準備ができている。
    ・血友病やフォンウイルブランド病以外の出血性素因に関するdataが集積されつつある。

    業績

    Hasegawa M, et al: The relationships among hemostatic markers, the withdrawal of fondaparinux due to a reduction in hemoglobin and deep vein thrombosis in Japanese patients undergoing major orthopedic surgery. Clin Chim Acta. 2013
    Nobuoka Y, et al: Prolonged thrombocytopenia after living donor liver transplantation is a strong prognostic predictor irrespective of history of splenectomy: the significance of ADAMTS13 and graft function. Int J Hematol 2014)
    Takahashi N, Wada H, Usui M, Kobayashi T, Habe-Ito N, Matsumoto T, Uemoto S, Nobori T, Isaji S: Behavior of ADAMTS13 and Von Willebrand factor levels in patients after living donor liver
    Yamashita et al: Elevated plasma levels of soluble platelet glycoprotein VI (GPVI) in patients with thrombotic microangiopathy. Thromb Res. 2014
    Kushimoto et al: Increased Ratio of Soluble Fibrin Formation/Thrombin Generation in Patients With DIC. Clin Appl Thromb Hemost. 2012
    Fukushima1 N, Wada H,et al: A Novel Frameshift Mutation in Exon 4 Causing a Deficiency of high-molecular-weight Kininogen in a Patient with Splenic Infarction. Intern Med 2014

    2014年度活動計画

    1)後天性血友病などのガイドライン作成(一瀬先生を中心に行う)
    2)2014年度SSCシンポ発表
    ・ガイドライン案
    ・抗凝固療法
    ・共同研究等(dataを集積する)
    3)後天性血友病あるいは突発性出血症などで、dataの集積、可能なら厚生省の研究班申請
    (可能でしたら一瀬先生を中心にお願いします)