血小板バイオロジー部会

 

部会長: 松原由美子
副部会長: 大森 司 松本雅則
部会員: 井上克枝 柏木浩和 國島伸治

 

詳細情報

  • 令和2年度活動報告
    血小板バイオロジー部会

    部会長 松原 由美子

    令和2年度活動報告

    1. 第42回日本血栓止血学会学術集会において、以下のシンポジウムを行った。
      【シンポジウム1】血小板バイオロジー部会「血小板・巨核球造血研究の最前線」
    2. シンポジウムの成果をまとめ、広く学会員に情報発信した(日本血栓止血学会誌 2020; 31(6): 629-630)。

     

    令和3年度活動予定

    1. 2022年度第44回日本血栓止血学会学術集会で行うシンポジウムを企画する。
  • 令和元年度活動報告
    血小板バイオロジー部会

    部会長 井上 克枝

    令和元年度活動報告

    1. 2020年第42 回日本血栓止血学会学術集会大阪大会にて開催予定のSPCシンポジウム「血小板・巨核球造血研究の最前線-Front line of megakaryopoiesis and platelet production」の開催の企画・立案を行った。

     

    令和2年度活動予定

    1. 2020年度 第42回日本血栓止血学会学術集会(Web開催)のSPCシンポジウム「血小板・巨核球造血研究の最前線-Front line of megakaryopoiesis and platelet production」で、以下の通り報告予定である。
    1. Megakaryocytes and thrombocytes: evolutionary and physiological perspectives through animal models
    加藤尚志先生(早稲田大学大学院先進理工学研究科生命理工学専攻/早稲田大学教育学部理学科生物学専修)

    2. Identification of the earliest human unipotent megakaryocyte progenitor
    宮脇恒太先生(九州大学医学部第一内科)

    3. Megakaryocytes and platelets from human adipose tissue-derived mesenchymal stem cell line
    松原由美子先生(慶應義塾大学医学部臨床研究推進センター/臨床検査医学教室)

    4. Unexpected mechanism of platelet biogenesis: lesson from large scaled platelet production in vitro
    江藤浩之先生(京都大学iPS細胞研究所臨床応用研究部門幹細胞応用分野/千葉大学医学研究院イノベーション再生医学)

    1. 上記の成果をまとめ、学会員に情報発信するとともに、次回の学術集会でのシンポジウム開催に向けた企画・立案を行う。
  • 平成30年度活動報告
    血小板バイオロジー部会

    部会長 井上 克枝

    平成30年度活動報告

    1. 第40回日本血栓止血学会学術集会において、以下のシンポジウムを行った。
      【シンポジウム2】血小板バイオロジー部会「血小板信号伝達研究と血小板 beyond clotting role 研究の最前線」
    2. シンポジウムの成果をまとめ、広く学会員に情報発信した(日本血栓止血学会誌 2018; 29(6): 777-778)。

     

    令和元年度活動予定

    1. 今後の日本血栓止血学会学術集会で行うシンポジウムを企画する。
  • 平成29年度活動報告
    血小板バイオロジー部会

    部会長 井上 克枝

    平成29年度活動報告

    1. 第40回日本血栓止血学会学術集会におけるシンポジウムの企画を行い、下記のように決定した。「血小板信号伝達研究と血小板 beyond clotting role 研究の最前線-Frontier of the research in platelet signal transduction and beyond-clotting roles of platelets-」

     

    平成30年度活動予定

    1. 第40回日本血栓止血学会学術集会にて上記のシンポジウムを開催する。
    2. シンポジウムの内容をSPC活動報告として血栓止血学会誌に報告する。
  • 平成28年度活動報告
    血小板バイオロジー部会

    2016年度部会長 柏木 浩和
    2017年度部会長 井上 克枝

    平成28年度活動報告

    1. 第38回日本血栓止血学会学術集会にて「血小板研究の多様な展開- Progress in various aspects of platelet research -」と題したシンポジウムを企画・開催した。

     

    平成29年度活動予定

    1. 血小板に関連する最近の重要な論文を、SPC委員会活動報告として紹介し、学会員に情報を発信する。
    2. 今後の血栓止血学会学術集会におけるシンポジウムの企画を行う。
  • 平成27年度活動報告
    血小板バイオロジー部会:部会長 柏木 浩和
    平成27年度活動報告

    1. 血小板バイオロジーに関連する国内外の重要な報告をレビューし、注目すべき論文・成果を日本血栓止血学会誌にて紹介した(血栓止血誌2015; 26: 339-41)。
    2. 次期血栓止血学会学術集会におけるシンポジウムの企画を行う。

     

    平成28年度活動予定

    1. 第38回日本血栓止血学会学術集会においてSPCシンポジウムを開催する。また各発表の要点を学会誌に報告し、広く学会員に情報を発信する。
    2. 血小板分野における国内外の重要な論文および学会発表をレビューし、適宜、学会員に紹介する。
  • 平成26年度活動報告

    平成26年度活動報告

    • 第36回日本血栓止血学会学術集会にて「血小板減少の病態と分子メカニズム~最新の知見」と題したシンポジウムを企画・開催した。

     

    平成27年度活動予定

    • 血小板に関連する最近の重要な論文を、SPC委員会活動報告として紹介し、学会員に情報を発信する。
    • 今後の血栓止血学会学術集会におけるシンポジウムの企画を行う。
  • 平成25年度活動報告

    平成25年度活動報告

    血小板バイオロジー部会部会長 柏木浩和

    2013年度活動状況
    血小板分野における国内外の重要な報告をレビューし、注目すべき論文・成果を日本血栓止血学会誌第24巻4号(2013)に紹介した。
    2014年日本血栓止血学会学術集会大阪大会に向け、SPCシンポジウムの企画を行った。
    2014年度活動計画
    日本血栓止血学会学術集会大阪大会にてSPCシンポジウムを開催する。また各発表の要点を学会誌に報告し、広く学会員に情報を発信する。
    血小板分野における国内外の重要な論文および学会発表をレビューし、適宜、学会員に紹介する。

 


<サイト内おすすめリンク>