第11回学術推進委員会(SPC)シンポジウム  2015年5月21日(木)

 

【シンポジウム1】癌と血栓部会 「臨床データからみた癌患者における血栓研究のすすめ~本邦での未検討領域を明確に~」

座長: 保田 知生(近畿大学医学部外科附属病院安全管理部)
川口 龍二(奈良県立医科大学産科婦人科)
1.  Cancer-associated thrombosis: an overview
浜松医科大学臨床腫瘍学 勝見  章
2. Regulation of Tumor Development by microRNAs – Do microRNAs link to cancer-associated thrombosis?
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科血管代謝病態解析学 山口 宗一
3. Venous thromboembolism as the adverse event of combined oral contraceptives or hormone replacement therapy
浜松医療センター 小林 隆夫
4. Is thromboprophylaxis necessary for myeloma patients treated with immunomodulatory agents?
武蔵野赤十字病院血液内科 加藤  淳
5. Clinical Course and Effectiveness of Anticoagulant Therapy for Venous Thromboembolism in Patients with Cancer
大阪府立成人病センター循環器内科 向井 幹夫

 

【シンポジウム2】抗血栓療法部会 「Cell-based coagulation の立場からの抗凝固療法」

座長: 山崎 昌子(東京女子医科大学医学部神経内科学)
後藤 信哉(東海大学医学部内科学系循環器内科学)
1. Anticoagulant therapy from the point of view of cell-based coagulation
奈良県立医科大学小児科 武山 雅博
2. Antidotes to dabigatran and anti-Xa anticoagulants
名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻病態解析学講座 小嶋 哲人
3. For Personalized Use of Oral Anticoagulatants. -Potential Role of Risk Factors and Biomarkers-
東海大学医学部内科学系循環器内科学 後藤 信哉
4. Biomarkers for bleeding risk assessment under anticoagulation therapy
心臓血管研究所 山下 武志

 

【シンポジウム3】動物モデル部会/炎症・免疫と血栓部会 「炎症・免疫と血栓を繋ぐ動物モデル」

座長: 永井 信夫(長浜バイオ大学バイオサイエンス学部)
惣宇利正善(山形大学医学部分子病態学)
1. Breaking the vicious cycle between infl ammation and thrombosis in chronic diseases
名古屋大学医学部附属病院検査部 竹下 享典
2. A regulatory T cells-defi cient mouse model as a useful tool for evaluating the pathophysiology of human immune thrombocytopenia
日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 桑名 正隆
3. Platelet-derived lipid mediator, 12-HHT promotes epidermal wound healing by accelerating keratinocyte migration via the BLT2 receptor
順天堂大学大学院医学研究科生化学第一講座 佐伯 和子
4. Generation of ApoE KO mice by CRISPR/Cas9 mediated-genome engineering
株式会社ケー・エー・シーバイオサイエンス事業部 田中 貴雄

 

【シンポジウム4】 線溶とその制御部会 「線溶系因子の新規機能解析と創薬への応用」

座長: 関 泰一郎(日本大学大学院生物資源科学研究科)
鈴木 優子(浜松医科大学医生理学講座)
1. Role of Plasminogen Activator Inhibitor-1 in the Pathogenesis of Diabetic Osteoporosis in Mice
近畿大学医学部再生機能医学 田村 行識
2. Drug development of Plasminogen Activator Inhibitor-1 inhibitor; a novel candidate of antiinfl ammatory drug
京都大学大学院薬学研究科生体分子認識学分野 市村 敦彦
3. TMS-007, a novel anti-infl ammatory thrombolytic in the family of the SMTP plasminogen modulators that suppresses hemorrhagic transformation, revolutionizes ischemic stroke treatment
東京農工大学大学院農学研究院 蓮見 恵司
4. Activated thrombin-activatable fi brinolysis inhibitor: a potential target for safer thrombolysis
第一三共株式会社循環代謝研究所 野口 研吾