研究テーマを検索

用語集(詳細説明)

大分類:凝固

小分類:機能分子


凝固第X因子
coagulation factor X

解説

【分子量、半減期、血中濃度】
 分子量 59,000 Da、ビタミンK依存性の糖タンパク質、半減期:40-45時間(2日弱)、血中濃度 8mg/L

【構造と機能】
 2本鎖構造(軽鎖と重鎖)、Xase(IXa因子, VIIIa因子、リン脂質複合体)あるいは組織因子、VIIa因子とリン脂質(血小板あるいは血管内皮細胞上)で活性化される。生じたXa因子はVa因子、リン脂質複合体(prothrombinase)を形成し、プロトロンビンを効率よく、活性化する。Xa因子はプロテアーゼ活性型受容体PAR(protease-activatedf receptor;PAR)1とPAR2の活性化を介して炎症、創傷治癒および免疫現象に関与する大事な役割を演じる。Xa因子はヘパリン存在下アンチトロンビン(AT)により、失活する。また、プロテインZ依存性セルピンにより失活も受ける。

【ノックアウトマウスの表現形】
 ノックアウトマウスの胎性致死率は85%である。凝固第X因子マウス胚の約半数は胎齢1日齢で死亡する。生き延びた新生仔もほとんどが5日以内に死亡する。その原因は腹腔内出血によるものである。

【病態との関わり】
 凝固Xa因子は細胞膜上のPAR-2活性化することにより、血管内膜肥厚に伴う動脈硬化症や血管組織の炎症などの病因を誘発する。従って、最近市販された経口活性化凝固第X因子阻害薬(Xa阻害薬)の有用性は将来注目すべき情報である。

【その他のポイント・お役立ち情報】
 血栓症、動脈硬化症播種性血管内凝固症候群(DIC)、そして血管内皮細胞増殖を阻止する為には、凝固カスケード系において、トロンビンの上位にあるXa因子活性を効率よく阻止することは、大変重要である。ワルファリンと比べて、患者のモニタリングが不要であることや多剤との相互作用がほとんどないXa阻害薬は期待できる薬剤のひとつになる。

図表

参考文献

1) 森下英理子:第X因子,一瀬白帝編集,図説 血栓・止血・血管学 血栓症制圧のために.2005,305-312.

2) 水口純:血液凝固関連因子の遺伝子改変動物,同上.2005,810-820.

3) 中富靖,友清和彦:血液凝固X因子の欠損マウス,日本血栓止血誌 11:304-309,2000.(日本血栓止血学会ホームページ,ノックアウトマウスシリーズ/wordpress/publications/index4.html#01からも閲覧可能)

引用文献

著者

森田 隆司

関連用語