研究テーマを検索

用語集(詳細説明)

大分類:線溶

小分類:検査


白血球エラスターゼによるフィブリン分解産物(e-XDP)
 

解説

 白血球エラスターゼによるフィブリン分解産物(Degradation products of cross-linked fibrin by leukocyte elastase; e-XDP)は架橋化フィブリン白血球エラスターゼにより分解されて生じた分子群であり、その多寡は白血球エラスターゼによる血栓溶解能を把握するための指標のひとつとなる。

1)基準値
 1U/mL未満(参考値)

2)測定法・測定原理
 e-XDPは、特異抗体を固相化したラテックス粒子を用いて、免疫比濁法により測定される。用いられるモノクロ-抗体IF-123は、フィブリノゲンAα鎖のD領域のカルボキシ末端側が白血球エラスターゼにより切断された際に、分子表面上に新たに露呈するペプチド配列(196Serから204Leu)を特異的に認識する1)

3)異常値を示す病態とそのメカニズム
 e-XDPは、急性骨髄球性白血病などの造血器腫瘍の化学療法時や、白血球の顕著な浸潤を伴う腔内出血、外科的侵襲などで増加する2,3,4)。整形外科周術期において、e-XDPがDダイマーと比較して深部静脈血栓症発症群で術後早期に増加することから、発症予知マーカーとしての有用性も注目される5)。敗血症に伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)では、血栓溶解機構の主反応系であるプラスミノゲンアクチベータープラスミン系の機能低下が生じ、止血栓の難溶化による虚血性臓器障害をきたす。このような病態において白血球エラスターゼがフィブリン血栓を分解する血栓溶解の代償機構として機能する可能性がある6)。敗血症DICにおいて、白血球エラスターゼによる血栓溶解がみられないe-XDPの低値群では、臓器障害が重篤で生命予後が不良であることが示されている(図1)。

図表

図1

図1

参考文献

引用文献

1) Kohno I, Inuzuka K, Itoh Y, Nakahara K, Eguchi Y, Sugo T, Soe G, Sakata Y, Murayama H, Matsuda M: A monoclonal antibody specific to the granulocyte-derived elastase-fragment D species of human fibrinogen and fibrin: its application to the measurement of granulocyte-derived elastase digests in plasma. Blood 95: 1721-1728, 2000.

2) Kamikura Y, Wada H, Nobori T, Kobayashi T, Sase T, Nishikawa M, Ishikura K, Yamada N, Abe Y, Nishioka J, Nakano T, Shiku H: Elevated levels of leukocyte tissue factor mRNA in patients with venous thromboembolism. Thromb Res 116: 307-312, 2005.

3) Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Hoshino H, Oshiro A, Kubota N, Jesmin S: The activation of neutrophil elastase-mediated fibrinolysis is not sufficient to overcome the fibrinolytic shutdown of disseminated intravascular coagulation associated with systemic inflammation. Thromb Res 121: 67-73, 2007.

4) Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Kubota N, Uegaki S, Shimojima H, Sugano M, Ieko M: Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase. Surgery 149: 221-230, 2011.

5) Watanabe H, Madoiwa S, Sekiya H, Nagahama Y, Matsuura S, Kariya Y, Ohmori T, Mimuro J, Hoshino Y, Hayasaka S, Sakata Y: Predictive blood coagulation markers for early diagnosis of venous thromboembolism after total knee joint replacement. Thromb Res 128: e137-143, 2011.

6) Plow EF, Gramse M, Havemann K: Immunochemical discrimination of leukocyte elastase from plasmic degradation products of fibrinogen. J Lab Clin Med 102: 858-869, 1983.

7) Madoiwa S, Tanaka H, Nagahama Y, Dokai M, Kashiwakura Y, Ishiwata A, Sakata A, Yasumoto A, Ohmori T, Mimuro J, Sakata Y: Degradation of cross-linked fibrin by leukocyte elastase as alternative pathway for plasmin-mediated fibrinolysis in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation. Thromb Res 127: 349-355, 2011.

著者

窓岩 清治 (東京都済生会中央病院 臨床検査医学科)

関連用語