研究テーマを検索

用語集(詳細説明)

大分類:凝固

小分類:疾患


全身性炎症反応症候群(SIRS)
systemic inflammatory response syndrome

解説

【概要】
 全身性炎症反応症候群(systemic inflammatory response syndrome; SIRS)とは、敗血症(sepsis)の定義を明確にするために1991年米国で開かれたAmerican College of Chest PhysiciansとSociety of Critical Care Medicineのコンセンサス会議で提唱された概念である1,2)

【病態・病因】
 図1に示した病態概念であり、様々な原因から発症する全身性の炎症反応をSIRSとし、感染症によるSIRSを敗血症と定義している。炎症性サイトカインなどのケミカルメディエータの過剰な状態によるものと解釈されている。

【検査と診断】
 SIRSの診断基準を表1に示す。全身性炎症を反映する4項目、すなわち体温、心拍数、呼吸数(あるいはPaCO2)、末梢血白血球数(未熟顆粒球)のうち2項目以上に異常を認める場合をSIRSとしている。この診断基準で使用された項目は、どこの医療施設でも簡便かつ迅速に確認できるので、重症患者の病態把握に使用しやすく、特に本邦ではよく使われている。

【治療の実際】
 SIRSの治療は、様々な原因の早急な診断と原疾患の治療につきる。炎症性サイトカインなどのケミカルメディエータの除去に血液浄化療法が行われることもある。抗炎症作用を持つ薬剤の投与も行われる。

図表

表1.SIRSの診断基準 (文献1,2より引用)

表1.SIRSの診断基準 (文献1,2より引用)

図1. SIRS, 敗血症(Sepsis), 感染症の関係 (文献1,2より引用)

図1. SIRS, 敗血症(Sepsis), 感染症の関係 (文献1,2より引用)

参考文献

1) Bone RC, Balk RA, Cerra FB, Dellinger RP, Fein AM, Knaus WA, Schein RM, Sibbald WJ: Definitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. The ACCP/SCCM Consensus Conference Committee. American College of Chest Physicians/Society of Critical Care Medicine. Chest 101: 1644-1655, 1992.

2) American College of Chest Physicians/Society of Critical Care Medicine Consensus Conference: definitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. Crit Care Med 20: 864-874, 1992.

引用文献

1) Bone RC, Balk RA, Cerra FB, Dellinger RP, Fein AM, Knaus WA, Schein RM, Sibbald WJ: Definitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. The ACCP/SCCM Consensus Conference Committee. American College of Chest Physicians/Society of Critical Care Medicine. Chest 101: 1644-1655, 1992.

2) American College of Chest Physicians/Society of Critical Care Medicine Consensus Conference: definitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. Crit Care Med 20: 864-874, 1992.

著者

岡本 好司 (北九州市立八幡病院 消化器・肝臓病センター、外科)

関連用語