研究テーマを検索

用語集(詳細説明)

大分類:血小板

小分類:疾患


灰色血小板症候群(GPS)
gray platelet syndrome (GPS)

解説

【病態・病因】
 灰色血小板症候群(gray platelet syndrome; GPS)は軽度から中等度の出血傾向を呈する先天性の疾患である。遺伝形式は常染色体劣性遺伝であることが多いが、我が国の東北地方の家系など常染色体優性遺伝の家系、また孤発例も報告されている。

【疫学】
 正確な頻度は不明であるがきわめてまれな疾患であり、現在までに全世界で数十家系が報告されているのみである。

【検査と診断】
 軽度から中等度の血小板減少を呈することが多い。光顕では血小板顆粒が乏しいため灰色に見える大型の血小板が特徴であり、電顕ではα顆粒が著減あるいは消失した血小板が見られる(図1)。骨髄生検では軽度から中等度の線維化がみられることがある(図2)。

【その他のポイント・お役立ち情報】
 2011年に常染色体劣性遺伝のGPSでNBEAL2(neurobeachilin-like 2)の遺伝子変異1-3)、2014年に常染色体優性遺伝のGPSでGFI1B(growth factor independent 1B)の遺伝子変異4)がGPS発症の原因となることが報告された。遺伝形式、血小板数、骨髄線維化の程度などが症例により異なり、GPSは多様な疾患と考えられる。従って今後も発症に関与する新たな遺伝子変異が見つかる可能性がある。

図表

図1 GPS患者末梢血所見(A)光学顕微鏡、(B)電子顕微鏡を示す。血小板を↓で示す。光顕では大型の灰白色の血小板がみられ、電顕ではα顆粒がほぼ著減している。(自験例)

図1 GPS患者末梢血所見(A)光学顕微鏡、(B)電子顕微鏡を示す。血小板を↓で示す。光顕では大型の灰白色の血小板がみられ、電顕ではα顆粒がほぼ著減している。(自験例)

図2 GPS患者骨髄所見(A)H-E染色、(B)銀染色を示す。H-E染色では巨核球が増加しており、銀染色では線維化がみられる。(自験例)

図2 GPS患者骨髄所見(A)H-E染色、(B)銀染色を示す。H-E染色では巨核球が増加しており、銀染色では線維化がみられる。(自験例)

参考文献

1) 國島伸治:身近な話題・世界の話題 Gray platelet syndromeの原因遺伝子同定(解説),血液フロンティア 22(7):1112-1115,2012.

2) 中村文彦,黒川峰夫:血液症候群(第2版)-その他の血液疾患を含めて-:血小板の異常 血小板機能異常症 先天性血小板機能異常症 α-Storage pool病(Gray platelet症候群)(解説/特集),日本臨床別冊 血液症候群 第2版II:412-415,2013.

引用文献

1) Kahr WH, Hinckley J, Li L, Schwertz H, Christensen H, Rowley JW, Pluthero FG, Urban D, Fabbro S, Nixon B, Gadzinski R, Storck M, Wang K, Ryu GY, Jobe SM, Schutte BC, Moseley J, Loughran NB, Parkinson J, Weyrich AS, Di Paola J: Mutations in NBEAL2, encoding a BEACH protein, cause gray platelet syndrome. Nat Genet 43: 738-740, 2011.

2) Gunay-Aygun M, Falik-Zaccai TC, Vilboux T, Zivony-Elboum Y, Gumruk F, Cetin M, Khayat M, Boerkoel CF, Kfir N, Huang Y, Maynard D, Dorward H, Berger K, Kleta R, Anikster Y, Arat M, Freiberg AS, Kehrel BE, Jurk K, Cruz P, Mullikin JC, White JG, Huizing M, Gahl WA: NBEAL2 is mutated in gray platelet syndrome and is required for biogenesis of platelet α-granules. Nat Genet 43: 732-734, 2011.

3) Albers CA, Cvejic A, Favier R, Bouwmans EE, Alessi MC, Bertone P, Jordan G, Kettleborough RN, Kiddle G, Kostadima M, Read RJ, Sipos B, Sivapalaratnam S, Smethurst PA, Stephens J, Voss K, Nurden A, Rendon A, Nurden P, Ouwehand WH: Exome sequencing identifies NBEAL2 as the causative gene for gray platelet syndrome. Nat Genet 43: 735-737, 2011.

4) Monteferrario D, Bolar NA, Marneth AE, Hebeda KM, Bergevoet SM, Veenstra H, Laros-van Gorkom BA, MacKenzie MA, Khandanpour C, Botezatu L, Fransen E, Van Camp G, Duijnhouwer AL, Salemink S, Willemsen B, Huls G, Preijers F, Van Heerde W, Jansen JH, Kempers MJ, Loeys BL, Van Laer L, Van der Reijden BA: A dominant-negative GFI1B mutation in the gray platelet syndrome. N Engl J Med 370: 245-253, 2014.

著者

横山 健次 (東海大学医学部付属八王子病院血液内科)

関連用語